そらそらのブログ

オペラ、海外サッカー、MLB、etc....

ワーグナー『ローエングリン』(前奏曲)

ワーグナー 楽劇『ローエングリン』から
前奏曲

精妙な合奏が徐々に盛り上がっていくこの前奏曲。

まずは、フルトヴェングラー指揮VPO。
Prelude to Lohengrin by Richard Wagner (1813-1883)
Wiener Philharmoniker
Wilhelm Furtwängler, conductor
04.III.1954


古いモノラル録音ながら、精妙さが伝わってきます。



次は、アバド指揮ウィーン国立歌劇場o.

Wilhelm Richard Wagner
"Lohengrin" Vorspiel 1. Aufzug
Claudio Abbado conducts
Wiener Staatsoper Orchester
January 28, 1990 at the Wiener Staatsoper

リヒャルト・ワーグナー
歌劇「ローエングリン」第1幕への前奏曲
クラウディオ・アバド指揮
ウィーン国立歌劇場管弦楽団

繊細な合奏はなんとも言えない魅力です。



アンジャッシュ『二股男のピンチ 』

得意のすれ違いネタもいいですが、ボケまくるこのネタも最高です。


ウェーバー『魔弾の射手』~万歳!万歳!

ウェーバー『魔弾の射手』第1幕より
「万歳!万歳!」

明るい合唱で始まるこの第1幕の冒頭は、射撃の名手マックスが試射の調子が悪く、農民キリアンに負けて嘲笑される場面から始まります。
この嘲笑の表現が非常に面白い!

E.クライバーの歴史的録音ですが、息子C.クライバーのCD演奏と似ていると思うのは私だけでしょうか。


Erich Kleiber / Cologne Radio Symphony Orchestra

Ottokar: Alfred Poell / Kuno: Heiner Hern / Agathe: Elisabeth Grummer / Annchen: Rita Streich / Kaspar: Max Proebstl / Max: Hans Hopf / Kilian: Kurt Marschner

Historic recording made for the West German radio in 1955, together with the recordings of Erich's son Carlos and Harnoncourt's my favorite Freischutz, it sports the most homogeneous cast of the three, by far. Elizabeth Grummer is unequaled in the role of Agathe and I just love Max Proebstl's almost comically evil Kaspar.

ワーグナー『リエンツィ』~序曲

ワーグナー『リエンツィ』より
序曲

全曲公演が少ない歌劇ですが、序曲は比較的よく演奏される名曲です。
在りし日のテンシュテットがサントリーホールで熱演しています。

テンシュテット、ロンドン交響楽団

*Dolby Sounds*
--Date:Oct 18 1988
--Place:Suntory Hall (Tokyo)

ショスタコーヴィチ交響曲第5番(全曲) ムラヴィンスキー/レニングラードpo.

ショスタコーヴィチ交響曲第5番(全曲)
ムラヴィンスキー/レニングラードpo.

まぎれもなく、ムラヴィンスキーは完璧主義者ですね。

Dmitri Shostakovich (1906-1975)
Symphony No.5 in D minor, op.47
0:50 Moderato - Allegro non troppo
15:38 Allegretto
21:17 Largo
34:21 Allegro non troppo
Evgeny Mravinsky
Leningrad Philharmonic Orchestra
Philharmonie Hall, Мінск, 20 11/1983

記事検索
プロフィール

そらそら

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ